第二回の日記になります。みっちです。

何を書こうか色々迷っていたのですが、今回は猫について書こうかなと思います。

うちは以前、猫を3匹同時に飼っていたことがありました。
もともとは1匹しか飼っていなかったのですが、ある日かなり弱っていた双子の子猫を拾い、手当てをしていたら
愛着が湧いてそのまま飼う流れになったのです。

さて、3匹も居るとそれぞれ本当に個性が出てきます。
気分屋で自由気ままな猫らしい猫も居れば、日中ひたすら走り回ってる元気な子から、甘えん坊な子まで。

特に自分に懐いてくれていたのは甘えん坊な子だったので、家中をひっついて回って離れず、風呂やトイレ時はすぐ外でスタンバイ。夜9時を越えて帰宅してなかったら鳴きながら探し回り(家族談)、寝る時は布団に入ってきて腕枕をするまで寝付かなかったので、「この子は本当に猫なのか…?」とよく疑問を感じたものです。

でもこれだけ懐いてくれると、やはり猫好きはどんどん加速していくもので、時々当時の彼女が若干引いていたのを覚えています。
考えてみれば結構猫グッズも置いてましたしね。。

今となっては猫を飼っていませんし、2歳の弟が居る関係上しばらく動物は飼えないのですが、いつかまた猫を飼う機会を虎視眈々と狙っている、そんなみっちでした。

今回はとりとめもなく書いている感じになりましたが、次回はまた別の話を書こうかと思います!