ノーベル賞受賞者で医学研究者の
山中伸弥さんは、失敗しても良い、
人生最大の冒険だと思って
iPS細胞の研究を始めたそうです。

彼の研究に対するモットーは
「失敗を恐れずやってみる」。

研究がうまくいかず最初は
やけくそになったそうですが
何度も失敗した結果
iPS細胞に出合そうです。

「実験は失敗するためにやっているようなもの。
まあやってみよう、と。
思い通りにいかない。
面白がるのが大事で、結果をなぜかと考えるのが
理科のトレーニングです。

それは人生そのものです。
いろいろチャレンジする中で
教科書とは違う結果になることがある。
予想とは違うことがあるけれど、それを楽しむ。

ぼくは実験から人生を学んだ。
どんな結果も楽しむのが大事。
失敗から学び、経験をいっぱいして
目標を探しましょう」

うまくいかないのはチャンスで
何もしないのが一番失敗だと捉え
日々、挑戦と失敗を繰り返すことが
大切なのだと中山さんは言います。

さすがだなと思い、勉強になりました。

         宇井