どうもみっちです。今回は読書の話です。

自分は大学生の頃から村上春樹と乙一が好きで、よく読んでいます。
本自体は色々読んでいたのですが、物語として好きな作家となるとこの二人の作家があがってきます。

乙一は暗めの話やおどろおどろしい話も多かったりするのですが、その中に物語として見たら美しいなぁと思う作品をちらほら見かけて、それで一気に好きになった感じですね。
具体的に作品を挙げると「平面犬」という短編集の中にある「BLUE」という作品が、とてもお気に入りです。

村上春樹は有名なので、あえて特徴を挙げる必要はなさそうかな。なのでお気に入りの作品のみ挙げます。
オーソドックスですが、「ノルウェイの森」「風の歌を聴け」が良いですね。

「ノルウェイの森」は長編になってしまいますが、「風の歌を聴け」は短編で非常に読みやすく、村上春樹のエッセンスも十分感じ取れるので入門としてもとても良いのではないかと思います。

とこんな感じで、今回は好きな作家とタイトルの話でした。
また新しい作家を開拓してみよう笑