起きにくい日々が続いております。

人間は人生の30%を
寝て過ごしています。

快適で質の良い睡眠をとる
工夫をしていますか?

次のような点に注意すると
睡眠の質が上がっていくと言われています。

1. 寝室のカーテンを落ち着いた色にする

  寝室の カーテンは刺激的な色を避け
  落ち着いたブルーやグリーン系にします。

2. 寝る前に好きな絵や映像を見る

  寝る前に怖い映画や事故・事件のニュースを聞くと
  夢に出てきますよね?

  寝る直前の記憶は夢の中で
  再生されやすくなるので
  好きな絵やポスター、画像を見て寝ると
  良い夢を見ることができます。

3. ベッドの頭の上に隙間をつくらない

  ベッドの上に隙間があると
  気流が起こり、睡眠が乱されます。
  50cm以上の隙間は空けないことです。

4. ベッドの周りに角の丸いものを置く

  とがった角などは攻撃されている感覚が
  潜在意識に入り込み、安心して眠ることができません。
  ベッドの周りには角の丸いものを置くことです。

5. 寝室に香りをもたらす

  嗅覚は寝ている間も働いています。
  香りはホルモン分泌や自律神経に
  影響を与えるため
  寝室には優しい香りを漂わせ
  副交感神経を刺激するようにしましょう。

他にも、良い眠りを促す方法が
いろいろあります。

出来るものから取り入れ良い睡眠がとれるような
寝室になると良いですね。

             宇井