近頃「平成最後の」この言葉をよく耳にします。
年末最後と平成最後の締めくくりに考えるいい機会になりました。

毎年 今年の一年の反省や振り返りを行いますが、
30年間の平成も振り返り本当に月日が経つのは早いと感じます。

昭和の時代はまだ学生で楽しい時期でもありました。
平成になり社会人としての責任も芽生え、日々を懸命に
頑張ったように思います。
今年に入り関西では、地震と台風の被害にあい
改めて自然災害の怖さを感じました。

私自身阪神淡路大震災の時に、神戸支店のメンバーと連絡が取れず
社員寮が崩壊し仲間が中から出れずに大変だったことが思い出されます。

本当にいろいろあったと思いながら、現在元気よく生かされている事に
感謝の気持ちで一杯です。

現在もみつぼしのメンバーには感謝の気持ちで一杯です。
仲間同士助け合いながら、日々少しずつですが前進しております。
1人では乗り越えられない事も、仲間がいる事により乗り越えられてきました。

来年こそは目標でもある「関わる人々の幸福を増進する」事が
少しでも出来るように頑張ってまいります。

皆さんもどんな年でしたでしょうか?

来年も皆さんに感謝の気持ちを持ちながら頑張ってまいります。
今年ももう少しですが、
一年間誠にありがとうございました。

               宇井