一日をよいスタートで始めたいと思うなら、目覚めたときに、この一日のあいだに少なくとも一人の人に、少なくとも一つの喜びを与えてあげられないだろうかと思案することだそうです。

その喜びはささやかなものでもかまわない。

そうしてなんとかこの考えが実現するように努めて一日を送ることです。

この習慣を多くの人が身につけていけば、自分だけが得をしたいという祈りよりも、
ずっと早く世の中を変えていくことができる。

 その心意気で、仕事に取り組む。仕事は「お金のため」だけだと思っている人が多いようですが、お金で願望を満たしていっても、欲望には限りがなく、どこまでいっても心は満たされない。
 本当の幸せは仕事の中にある。仕事を通して自分を作り、自分を満たし、自分の中にある自分だけの価値を引き出し、その価値を社会に分かち与える。こうやって毎日を充実させていきたいものです。

今ある職場や家庭や地域を大事にして、共に喜び多い人生を勝ち取っていきましょう。

では、また。啓。