最近、「運がよくなる人の習慣」という本を読んだので少し紹介します。
A、自分で運を切り拓ける人とは
  1:「自分は運がいい」とつねに思うようにする。
   2: 素直さが運を引き寄せる。――第一声は「はい!」という習慣をつける。
  3: 本当の素直さを身につけるのは一生がかり。――「囲碁や将棋の世界では、普通、1万回対局したら、だいたい初段になる。ぼくも、毎日、素直になりたいと30年間、祈り続けてきた。だから、ようやく素直の初段になったところだといっていいと思う」。 
4:困難は、運を飛躍的によくする大きなチャンス。

B、振舞いだけで運は変えられる
   1: やさしく静かな笑顔の持ち主の運は日増しに育っていく
   2: 明るいあいさつで、運を引き寄せる。
3: 大きな声で、はっきり話す。
   4: 正しく、美しい言葉づかいを身につける。 
5: 悪口を言わない。
   6: 叱られたら、感謝する。――教えてくれる人、注意してくれる人は味方と思え。
   7: 「~すべき」ではなく「~したいかどうか」で決める。
   8: 「これさえあれば大満足!」というアイテムをもつ。
9: 付き合う人が多いほど運がよくなる。
   10:苦手な人ほど自分を磨いてくれる。
   11: 怒りの感情は、相手にぶつけず、我慢し、相手の出方が変わるのを黙って待つ。
   12: ポジティブな感情も、ほどほどでクールダウンさせる。

C、 金運を最強にする哲学
   1: 金運の第一歩は、夢と志をもつこと
   2: お金がほいしなら、金運をアップしたいならば、いつも身のまわりの人々の心に何を働きかけるか。それらによって相手をどれだけ満足させられるか、を考えて行動することが大事だ。
   3: 「お金でできること、できないこと」を知る。
   4: 自分の幸せより、他人の幸せを願う。
5: 将来の不安に備えて貯蓄するのはやめる。
   6: 不安だから貯めるのではなく、ワクワクのために貯める。
7: お金は使えば使うほど増える。
   8: 絶対損をしないのが「自分への投資」
   9: 金運を高める毎日の心がけ。――
・無駄なお金は使わない。
・「お買い得」という言葉に惑わされない。
・「あっ、安い!」。でも、本当に逸れ欲しい?
・お金を尊敬する。

D、 どんどん運がよくなる人、運が悪くなっていく人
   1:どんな過去も「ありがとう」と受け入れる。
2:自分だけのしっかりした目標を設定する。
3:一流のもの、人に触れて、運気を高める。
4:ささやかでいい、いつも相手を気遣う。
5:困っている人に、迷わず手を差し伸べる。
6:小さな命を大切にする。

などなど、話せば長くなるので、今日はこのへんで、終了します。

では、また。啓。