先日いい内容のお話を聞いたので
共有させていただきたいと思います。

人間の記憶は
脳の神経細胞がネットワークを作った
神経回路に情報が蓄えられてつくられます。

例えば、
あなたがゴルフを上手くなりたいと思って
プロのゴルフコーチに指導を仰ぎ
毎日練習するとしましょう。

練習することによって
脳の中にゴルフ専用の
神経回路ができます。

専用の神経回路ができると
情報はスムースに流れるようになり
そのうち体が無意識に
よりスムースに動くようになるのです。

この原理は習慣やクセが
つくられる過程と同じです。

習慣やクセも毎日、毎日
その行動を繰り返したために
専用の神経回路ができ
無意識に繰り返すようになったものなのです。

ゴルフの上達、習慣やクセ
全てが記憶の集積であり、
記憶の集積は長期記憶となって
脳から消えることがありません。

そのため習慣やクセは
なかなか変えられないのです。

そんな習慣・クセをやめたければ
また一から、新たに別の神経回路を作り
新しい情報を蓄積していくしかありません。

「ある習慣を変えるものは
新しい他の習慣だけであるという自然の法則」
と『地上最強の商人』の著者
オグ・マンディーノ氏は言っていますが
その通りですね。

習慣やクセをやめるには
今までとは違う記憶の集積を作って
新しい習慣を入れる事がいいとの事です。

悪い癖に新しい習慣を入れていきます。

         宇井 伸也