7月31日のあさイチの話なんですが。

書いて心を整える日記 という特集がありまして。

その中ですごく面白いなと思ったのが

「ほめる日記」

ちょっとあさイチのHPを引用させていただきます。

小学校の教員の女性(30代)の方が実践してる「ほめる日記」。
毎日、少なくとも一つは必ず自分のことをほめるのがルールです。
たとえ失敗やイヤなことがあっても、そこに至るまでの行動や対処、切り替えなどをほめます。
脳は「ほめ言葉」に反応して、ドーパミンを分泌するため、やる気の増進につながるんだそうです。
「ほめる日記」で自己尊重感が高まると、周囲の人を大切にすることにもつながります。
この女性は、教えている小学校のクラスでも子どもたちと実践しています。


との事。
テレビに出ていた小学生の男の子が

「相手の事を元気にさせてあげたい」だったかな?
そんな事を言っててとっても素晴らしいと思いました!

自分をほめる事によって
自己尊重感が高まり、周囲の人を大切にすることにもつながる。

これは是非、自分の子供もそうなってほしい!

と思い、昨日から子供と一緒にほめる日記を書き始めました笑

自分+家族の事をほめる日記を書きました。

部活を頑張ってる子供には筋肉がつきはじめてかっこいい体になったよ!とか
洗濯物をたたんでくれる子供にはきれいにたたんでくれてびっくりした!とか

大げさにほめるように書きました笑

書いた後に、お互いに見せ合うと、
ほめられてるとやっぱりうれしくて子供たちはにこにこしてました(*^^*)


ちょっと続けてみます!!

あさイチHP
https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/190731/1.html