本日は、4年前のあるコンサートで聞いた話をします。

日本の技術を祖国に持ち帰って、祖国のために

働くんだという思いで、異国の地から

両親と船に乗って日本に渡ってきた

若い青年がいました。

渡航の途中で、船が難破し

青年は救助船に乗れましたが、

両親は難破船に残されたまま、

青年の目の前で船は沈んでいきました。

その後、日本に渡った青年は、

その両親の姿を目にしっかりと焼き付けて、

「負けてたまるか!」という思いを

何度も何度も繰り返し自分に言い聞かせて

日本で学んでいるそうです。

そうしたハングリー精神・使命感を見習って、

恵まれた環境の日本人である私も

これからも

自由に働ける境遇に感謝しつつ

しっかりと仕事・研究に励んでいきます。

啓でした。